気・血・水について

  • HOME
  • 気・血・水について

気・血・水について

人の身体には目には見えない「気」
主に血液を指す「血」
血液以外のすべての水分を指す「水(津液)」
が流れています
この3つのどれか一つでも足りなくなったり
過剰になったり、滞ったりすると不調として
私たちの身体に現れます

目には見えない生命のエネルギー
体を温める、血や水を巡らせる役割があり
血と水は体に不調が出やすいのに対し、気の不調は精神面に現れます
当店では気が不足している「気虚」、気が滞っている「気滞」に注目
主な症状としては、不安・疲れやすい・胸やのどがつかえる感じがする・イライラしやすいなど

主に血液のことを指し、全身に栄養を行きわたらせ
体温や呼吸を一定に保つ役割があり
肌や髪のつやを保ち、女性にとってはホルモンの働きにも関連する
当店では血が不足している「血虚」、血が滞っている「血瘀(けつお)」に注目
主な症状としては、めまい・シミ・クマ・頭痛・肩こりなど

血液以外のすべての水分を指す
皮膚や内臓などを潤す役割があり
関節の動きを滑らかにし、老廃物を体外へ排出する働きがある
当店では水が不足している「陰虚」、水の流れが滞っている「水滞」に注目
主な症状としては、むくみ・乾燥・不眠など

では今のあなたの身体の状態をチェック!!

より多く当てはまった項目に注目してみましょう。

気慮

□疲れやすい

□朝が苦手、日中眠くなる

□食欲がなく、胃もたれしやすい

□息切れしやすい

□風邪をひきやすい

気滞

□胸やのどがつかえた感じがする

□お腹が張る

□ゲップやおならが多い

□イライラ、ストレスに弱い

□焦りや不安感がある

血慮

□目がかすむ

□手足がつりやすい

□めまいや立ちくらみを起こしやすい

□顔色が悪い

□寝つきが悪く、眠りが浅い

血瘀

□クマや、シミが目立つ

□あざができやすく、治りにくい

□頭痛・生理痛がひどい

□肩こりになりやすい

□便秘気味

陰虚

□肌や目が乾燥しやすい

□ほてり、のぼせがある

□のどが渇きやすい

□寝汗をよくかく

□尿量が減った

水滞

□むくみやすい

□体が重い

□吐き気をおこしやすい

□軟便、下痢をしやすい

□胃腸からチャプチャプ音がする

それぞれのタイプ別オススメ惣菜をご用意しております。茶屋本店

気慮~へとへとタイプ~

エネルギーである気が足りず、元気がない状態
オススメ食材:鶏肉、牛肉、芋類、鯛、、もち米など

気滞~イライラタイプ~

気が滞り精神的に不安定になりやすい状態
オススメ食材:大根、柑橘類、シナモン、酢、イカ、シジミなど

血慮~カサカサタイプ~

オススメ食材:鶏肉、卵、ほうれん草、カキ、ゴマなど

血~ドロドロタイプ~

血の流れが滞り、血行不良の状態
オススメ食材:たまねぎ、ニラ、黒酢、鰯、鯖、鮭など

陰虚~ガサガサタイプ~

体内の必要な水分が不足し、潤いが足らない状態
オススメ食材:豚肉、豆腐、牛蒡、 トマト、オクラなど

水滞~むくむくタイプ~

体に余分な水分が溜まり、むくみやすい状態
オススメ食材:トマト、なす、瓜類、大豆、ひじきなど